2018年07月17日

同窓生の随想

猿の面の不思議ー岡本綺堂の世界.compressed.pdf

小林 宏様50期、元朝日新聞社)の随想

 

     「猿の面の不思議−岡本綺堂の世界」

 

  

小林様お住まいの地域のミニコミ紙 “和光台通信”

本年20号に掲載された随想です。

(同氏は自治会役員を退任後も、引き続き同通信をお一人で

 執筆・編集されています。)

                         白井 透(60-4

 

 


posted by uedakant at 17:10| Comment(0) | 各種

同窓生の随想

猿の面の不思議ー岡本綺堂の世界.compressed.pdf

小林 宏様50期、元朝日新聞社)の随想

 

     「猿の面の不思議−岡本綺堂の世界」

 

  

小林様お住まいの地域のミニコミ紙 “和光台通信”

本年20号に掲載された随想です。

(同氏は自治会役員を退任後も、引き続き同通信をお一人で

 執筆・編集されています。)

                         白井 透(60-4

 

 


posted by uedakant at 17:08| Comment(0) | 各種

2018年07月16日

「赤松小三郎と幕末上田藩」に関連するブログ記事 5編

 「赤松小三郎と幕末上田藩」に関連するブログ記事 

 

長野県地域政策課発信の

 

長野県魅力発信ブログ <じょうしょう気流>

職員のみつけた情報コーナー掲載記事 5編です。

 

  読みやすく分かりやすい記事ですので、是非、ご一読ください。

 

「関東同窓会 赤松小三郎研究会」会員の方より寄せられました。

 

     *既にご存じの方には、ご容赦願います。  白井 透(60-4

 

***************************************************************

 

@ 赤松小三郎を想う(外伝)〜歴史を作った上田藩主〜

     http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/110.html

 

A 上田の地で赤松小三郎を想う・・・ゆかりの地を訪ねて

     http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/126.html

 

B 長崎の地から赤松小三郎を想う・・・(その1)

   http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/176.html

 

C 長崎の地から赤松小三郎を想う・・・(その2)

     http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/154.html  

 

D 長崎の地から赤松小三郎を想う・・・(その3)  

   http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/140.html

 

 

***************************************************************

 

  8/5(日)講演会 「赤松小三郎と幕末上田藩」

 

                                     関東同窓会 赤松小三郎研究会

 

日  時    8月5日(日) 13301600

場  所    日本教育会館 9諧 喜山倶楽部

   名 : 「赤松小三郎と幕末上田藩」

       〜上田藩の幕末の藩政動向と、小三郎の句

「家柄は言ふな 雪解けの黒濁り」をめぐって〜

 

講  師    尾崎 行也氏

   費 : 1,500円

   先 : 赤松小三郎研究会事務局

Eメール : kannazuki-6318@kxb.biglobe.ne.jp

     話 : 070−2685−2384(小山)   

事前申し込みが必要です

***************************************************************

posted by uedakant at 11:28| Comment(0) | 各種

「赤松小三郎と幕末上田藩」に関連するブログ記事 5編

 「赤松小三郎と幕末上田藩」に関連するブログ記事 

 

長野県地域政策課発信の

 

長野県魅力発信ブログ <じょうしょう気流>

職員のみつけた情報コーナー掲載記事 5編です。

 

  読みやすく分かりやすい記事ですので、是非、ご一読ください。

 

「関東同窓会 赤松小三郎研究会」会員の方より寄せられました。

 

     *既にご存じの方には、ご容赦願います。  白井 透(60-4

 

***************************************************************

 

@ 赤松小三郎を想う(外伝)〜歴史を作った上田藩主〜

     http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/110.html

 

A 上田の地で赤松小三郎を想う・・・ゆかりの地を訪ねて

     http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/126.html

 

B 長崎の地から赤松小三郎を想う・・・(その1)

   http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/176.html

 

C 長崎の地から赤松小三郎を想う・・・(その2)

     http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/154.html  

 

D 長崎の地から赤松小三郎を想う・・・(その3)  

   http://blog.nagano-ken.jp/josho/info/140.html

 

 

***************************************************************

 

  8/5(日)講演会 「赤松小三郎と幕末上田藩」

 

                                     関東同窓会 赤松小三郎研究会

 

日  時    8月5日(日) 13301600

場  所    日本教育会館 9諧 喜山倶楽部

   名 : 「赤松小三郎と幕末上田藩」

       〜上田藩の幕末の藩政動向と、小三郎の句

「家柄は言ふな 雪解けの黒濁り」をめぐって〜

 

講  師    尾崎 行也氏

   費 : 1,500円

   先 : 赤松小三郎研究会事務局

Eメール : kannazuki-6318@kxb.biglobe.ne.jp

     話 : 070−2685−2384(小山)   

事前申し込みが必要です

***************************************************************

posted by uedakant at 11:28| Comment(0) | 各種

2018年07月15日

沓掛喜久男さん(49期)7/15付の朝日歌壇に入選

沓掛 喜久男さん(49)、7/15付の朝日歌壇に入選

 

                                          …… 入選104首目でしょうか。

 

山邉 光一様(58期)より寄せられました。

 

*すでにご存じの方には、ご海容願います。 白井 透(60-4

 

From: Koichi Yamabe <koyamabe@coral.ocn.ne.jp>
Sent: Sunday, July 15, 2018 5:31 PM
Subject:
沓掛喜久男さん(上田高49,坂城町書店主)7/15付の朝日歌壇に入選

 

表記のとおり、7/15付けの朝日新聞の短歌欄に入選しております。

 

入選歌 

「ドイツからきた胡桃(くるみ)割人形はジョッキ右手に離すことなき」

    <永田和宏選>           (長野県) 沓掛喜久男

 

山邉 光一(58)

 

ドイツには、ドイツ人と結婚した娘さんと男のお孫さんが住む。この人形はそちらから

送られてきたのだろう。

 

投稿の沓掛喜久男さんは、この7月、歌集『山に向く書架』を刊行された

(山根屋書店発行、非売品)。実弟の沓掛文哉さん(上田高54,横浜市在住)

から1冊送って頂いた。歌集の「序に代えて」や「あとがきに代えて」には感銘深い

ことが書かれている。少し引用させていただく。

「古稀を機に歌づくりを始めた。晩学の晩学だった。信濃毎日新聞の歌壇投稿

から始め、朝日歌壇にも投稿している。私に歌づくりの師はいない。日常折に触れ

事に触れ、漏れ出す詩情が歌になる。本屋稼業の隙間を短歌が埋めてくれる。

作歌を始めて15年、私は85歳になった、新聞歌壇に採択された作品は、信毎

歌壇346首、朝日歌壇101首。新聞歌壇に載った作は、選者の先生方の選を

通ったものばかりで、それこそが私の成果である。その成果を歌集に編んだ。」と

posted by uedakant at 23:58| Comment(0) | 各種

沓掛喜久男さん(49期)7/15付の朝日歌壇に入選

沓掛 喜久男さん(49)、7/15付の朝日歌壇に入選

 

                                          …… 入選104首目でしょうか。

 

山邉 光一様(58期)より寄せられました。

 

*すでにご存じの方には、ご海容願います。 白井 透(60-4

 

From: Koichi Yamabe <koyamabe@coral.ocn.ne.jp>
Sent: Sunday, July 15, 2018 5:31 PM
Subject:
沓掛喜久男さん(上田高49,坂城町書店主)7/15付の朝日歌壇に入選

 

表記のとおり、7/15付けの朝日新聞の短歌欄に入選しております。

 

入選歌 

「ドイツからきた胡桃(くるみ)割人形はジョッキ右手に離すことなき」

    <永田和宏選>           (長野県) 沓掛喜久男

 

山邉 光一(58)

 

ドイツには、ドイツ人と結婚した娘さんと男のお孫さんが住む。この人形はそちらから

送られてきたのだろう。

 

投稿の沓掛喜久男さんは、この7月、歌集『山に向く書架』を刊行された

(山根屋書店発行、非売品)。実弟の沓掛文哉さん(上田高54,横浜市在住)

から1冊送って頂いた。歌集の「序に代えて」や「あとがきに代えて」には感銘深い

ことが書かれている。少し引用させていただく。

「古稀を機に歌づくりを始めた。晩学の晩学だった。信濃毎日新聞の歌壇投稿

から始め、朝日歌壇にも投稿している。私に歌づくりの師はいない。日常折に触れ

事に触れ、漏れ出す詩情が歌になる。本屋稼業の隙間を短歌が埋めてくれる。

作歌を始めて15年、私は85歳になった、新聞歌壇に採択された作品は、信毎

歌壇346首、朝日歌壇101首。新聞歌壇に載った作は、選者の先生方の選を

通ったものばかりで、それこそが私の成果である。その成果を歌集に編んだ。」と

posted by uedakant at 23:52| Comment(0) | 各種

2018年07月06日

8/5講演会 「赤松小三郎と幕末上田藩」

講演会「小三郎と幕末上田藩」オモテ.pdf 講演会「小三郎と幕末上田藩」ウラ.pdf

「家柄は言ふな 雪解けの黒濁り」

 

赤松の下級藩士ゆえの無念と、なおも理想の政体の実現を

希求する気概が顕れている句と思われます。

 

8/5(日)講演会 「赤松小三郎と幕末上田藩」

 

                                        関東同窓会 赤松小三郎研究会

 

蒸し暑い毎日ですが、如何お過ごしでしょうか。

 

 さて、当研究会は設立以来ほぼ5年が経過いたしましたが、この間、

30回の研究会(講演会5回を含む。)を重ね、赤松小三郎の研究に

に、一定の成果を挙げることができつつあるものと自負しております。

皆さまの平素からのご支援、ご協力に、改めて感謝申し上げます。

 

 当研究会の最大の行事である講演会も、今年で第6回を数えますが、

今年の講演会は、来たる8月5日(日)上田から地域史研究家として

著名な尾崎行也氏をお迎えし、「赤松小三郎と幕末上田藩」をテーマ

にお話しをお伺いすることなりました。

 

小三郎と上田藩については、昨年も、寺島隆史氏からお話をお伺い

しましたが、今回の講演では、小三郎の人生に決定的に大きな影響を

与えた小三郎と幕末上田藩との関係について、新たな視点からお話し

をお伺いいたします。

 

講演会には、上田高校同窓生に限らず広く全国から幕末史に関心を

持つ多くの皆さまのご参加を得たいとの考えから、種々のPR活動を

積極的に行っておりますが、現状の参加申込み者数は、40名弱程度

にとどまっており、目標の80名程度までには、まだかなりの上積み

が必要な状況となっております。

 

 つきましては、まだお申し込みをいただいてない皆さまには、是非

早目にご参加の申し込みをいただきたく、お願い申し上げます。

 

 さらには、皆さまのご友人、知人もお誘い合わせのうえ、ご一緒に

お越しいただければ、幸いに存じます。

 

引き続いての皆さまのご支援、ご協力を心からお願い申し上げます。

 

 時節柄、ご自愛なさいますよう心から祈念いたします。

 

日  時 : 8月5日(日) 13:30〜16:00

場  所 : 日本教育会館 9諧 喜山倶楽部

講 演 名 : 「赤松小三郎と幕末上田藩」

講  師 : 尾崎 行也氏

参 加 費 : 1,500円

連絡先:赤松小三郎研究会事務局

Eメール:kannazuki-6318@kxb.biglobe.ne.jp

電話:070−2685−2384(小山)      

事前申し込みが必要です

 

 平成30年7月6日

   長野県上田高等学校関東同窓会赤松小三郎研究会

               顧問   丸山瑛一

               会長   滝澤進

               運営委員 沓掛忠、栗山正雄

                    小山平六、岡田渉

荻原貴、西澤澄雄

                    関良基、白井亜希

石川浩

               事務局長 小山平六

               事務局  荻原貴、白井亜希

(参考)

 *上田2中 校長室だより

http://www.school.umic.jp/ueda2/files/meirinnogakusyayori2-No.14.pdf#search=%27%E5%AE%B6%E6%9F%84%E3%81%AF%E8%A8%80%E3%81%B5%E3%81%AA%E9%9B%AA%E8%A7%A3%E3%81%91%E3%81%AE%E9%BB%92%E6%BF%81%E3%82%8A%27 

 

 長崎の地から赤松小三郎を想う(じょうしょう気流)


posted by uedakant at 20:48| Comment(0) | 各種

2018年07月02日

エクセルで日本画を描く同窓生の新聞記事

エクセルで日本画のような絵を描く独自の境地を拓いた

 

堀内 辰男様56期)の記事が、毎日新聞7/1(日)に

 

  同氏の画法などがかなり詳しく紹介されています。

  毎日新聞7/1(日)朝刊の記事をご覧ください。

 

*同氏のHP

http://www2.odn.ne.jp/~cbl97790/ 

 

*堀内辰男の画像

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%A0%80%E5%86%85%E8%BE%B0%E7%94%B7

 

Excelで描く!定年後に花開いた画家 堀内辰男の才能

http://myvaio.sony.jp/sonyselect/special/140220/

 

堤 達様(67期)より寄せられました。   白井 透(60-4

 

From: toru-papa@mvg.biglobe.ne.jp <toru-papa@mvg.biglobe.ne.jp>
Sent: Sunday, July 1, 2018 8:28 AM
Subject:
堀内エクセル画伯の記事(堤)

 

/1毎日新聞朝刊9面に56期堀内辰男さんの記事が

かなり大きく取り上げられていました。

 =============================
堤 達(個人レター用アドレス)
toru-papa@mvg.biglobe.ne.jp
=============================

posted by uedakant at 23:37| Comment(0) | 各種

2018年06月30日

7月〜9月デスクトップカレンダー

08_Tateshina-Horiuchi-FHD_s.jpg08_Tateshina-Horiuchi-UXGA_s.jpg

堀内弘栄様(51期)よりの

7月〜9月デスクトップカレンダー を転送いたします。

 

   *メール配信数に制限(500/日)を受けているため

     配信が遅くなりました。     白井 透(604

 

 

From: 堀内 弘栄 <hiroe-horiuchi@nifty.com>
Sent: Friday, June 15, 2018 7:05 AM
Subject: 2018
7月〜9月デスクトップカレンダーです。

 

20187月〜9月デスクトップカレンダーです。

画像は白樺湖と蓼科山です。

お楽しみ戴ければ幸甚です。

************************************************************
堀内 弘栄
Mail : hiroe-horiuchi@nifty.com
URL :
http://www.geocities.jp/outdoors2634/
URL :
http://www.geocities.jp/horiuchihiroe/
************************************************************ 


posted by uedakant at 09:44| Comment(0) | 各種

2018年06月29日

同窓生の多摩川の自然を守る活動が朝日新聞記事に

横山十四男様42期…元筑波大学教授)に取材の記事

 

「多摩川の自然を守る活動」 6/28朝日新聞に掲載

 

1974年多摩川決壊で、同氏の自宅も流出の水害に遭った。

以前から、多摩川の自然を守る活動に取り組んでいた同氏は

水害以後も会長もされた「狛江水辺の楽校運営協議会」を通じ

て、45年近くの長きにわたって同活動を推進してきた。

多摩川は、そうした活動もあって長い年月をかけて今やアユも

遡上する清らかさを取り戻した。  

 

記事詳細は6/28付朝日新聞朝刊に掲載されていますので、

そちらをご覧ください。

 

小山 比呂志君(60-6)より寄せられました。

 

 *既にご覧の方にはご海容願います。   白井 透(60-4

 

posted by uedakant at 23:25| Comment(0) | 各種

2018年06月27日

OBがティンパニ演奏 7/7名古屋フィルハーモニー管弦学団名曲コンサートへのお誘い

窪田 健志さん99期…吹奏楽班OB,芸大大学院卒)が、ティンパニ演奏の

 

ベートーヴェン名曲、演奏会のご案内

 

窪田さんには、関東同窓会総会のイベントで過去2回演奏いただきましたが、

大変な好評を博し、続いての懇親会も大いに盛り上がりました。

 

すぐれた音響のホールで、ベートーヴェンの響きをぜひご鑑賞ください。

 

同氏にご連絡いただければ、ティケットは2割引きとなります。 

                                                                  白井 透(60-4

 P.S.

過日配信で山浦 善樹様の63期卒と誤りました。 正しくは63期です。

        (お詫びして訂正させていただきます。)

 

**************************************************************************

 

/7名古屋フィルハーモニー管弦学団名曲コンサート

×

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 大ホール

 

    ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73『皇帝』

  ベートーヴェン : 交響曲第3番変ホ長調 作品55『英雄』

川瀬 賢太郎(指揮/名フィル指揮者)

小川典子(ピアノ)

                 窪田 健志(ティンパニ)

https://www.santomyuze.com/hallevent/nagoya-philharmonic-orchestra-meikyoku2018/

 

ティケット

窪田さんに連絡を頂けますと、

S席(4,500)、A席(3,500)をそれぞれ2割引(キャンセルは不可)

当日精算も、事前にホールにチケットを取りに行くこといずれも可能

窪田さんの連絡先 @ kubota_perc@yahoo.co.jp

         A take_perc@hotmail.co.jp

 

窪田さんよりのメッセージ

  是非、音響の素晴らしい地元のホールで、ベートーヴェンの響きを聴いて

頂きたいと思います。

ご興味のある、お知り合いにもお知らせ頂けますと幸いです。 窪田 健志

 

https://www.nagoya-phil.or.jp/content/wp-content/uploads/2018.07.07-Ueda.jpg

 

-->
posted by uedakant at 10:06| Comment(0) | 各種

2018年06月26日

沓掛喜久男さん(49期)、6/24付の朝日歌壇に2首入選

沓掛 喜久男さん(49)6/24付の朝日歌壇に2首入選

 

山邉 光一様(58期)、久保 新一様(57期)より寄せられました。

 

*すでにご存じの方には、ご海容願います。 白井 透(60-4

 

From: Koichi Yamabe <koyamabe@coral.ocn.ne.jp>
Sent: Sunday, June 24, 2018 10:58 AM
Subject:
沓掛喜久男さん(上田高49)6/24付の朝日歌壇に2首入選

 

表記のとおり、6/24付けの朝日新聞の短歌欄に入選しております。

 

氏の朝日歌壇短歌掲載は2年ぶりで、詠まれた歌からすると

この間体調を崩されていたのかも知れません。

 

入選歌

「公園の草分けて立つデゴイチはさびしすぎるよ帰りたからむ」

    <高野公彦選>           (長野県) 沓掛喜久男

 

「禁じられ百日たちぬ自らは下戸なる医師に会ひたる不幸」

    <永田和宏選>           (長野県) 沓掛喜久男

 

山邉 光一(58)

 

From: 久保 新一 <kubos@a011.broada.jp>
Sent: Monday, June 25, 2018 1:52 PM
Subject:
沓掛さん、ひさびさのダブル入選

 

昨日の朝日歌壇、沓掛喜久雄先輩が、久しぶりにダブル入選しました。

快挙です。

625日 久保 新一(57)

 

posted by uedakant at 20:27| Comment(0) | 各種

2018年06月25日

同窓生への取材新聞記事

山浦 善樹様64期…最高裁元判事、弁護士)への

 

「政治分野における男女共同参画推進法」の成立に

際する意見取材記事です。しんぶん 赤旗(焦点・論点)

 

沓掛文哉様(54期)より寄せられました。

                        白井 透(60-4

 

From: 沓掛 文哉 [mailto:fumiya@dj.mbn.or.jp]
Sent: Sunday, June 24, 2018 9:50 AM
Subject:
同窓生の関連情報

 

いつも上田高校関連情報をお寄せ下さり有難うございます。

毎回、楽しく懐かしく読ませて戴いています。

今回は当方から関連情報をお知らせします。

しんぶん赤旗が「政治分野における男女共同参画推進法」

の成立に際し、元最高裁判事の山浦善樹さんに取材した

記事です。 つぎはぎで原稿が汚れました。ご容赦ください。

 

沓掛 文哉

fumiya@dj.mbn.or.jp

 


posted by uedakant at 12:03| Comment(0) | 各種

2018年06月23日

同窓生の随想

狸が人を化かした紀伊国坂.pdf

小林 宏様50期、元朝日新聞社)の随想

 

    「狸が人を化かした紀伊国坂」

 

  …「紀伊国坂」の他、「富士見坂」、「暗闇坂」、「幽霊坂」、

「神楽坂」、「軽子坂」、「二合半坂」、「一口坂」、「紀尾井坂」、

「南部坂」、「切支丹坂」、「団子坂」等々、あげたらきりがない

坂の街、東京(江戸)

  

小林様お住まいの地域のミニコミ紙 “和光台通信”

本年20号に掲載された随想です。

(同氏は自治会役員を退任後も、引き続き同通信をお一人で

 執筆・編集されています。)

                         白井 透(60-4

 

************************************************************

 

         /30 関東同窓会 総会・懇親会

 

文春「同級生交歓」に登場の76期4氏のうち2氏は参加予定。

 

私共も、「300人超の同窓生交歓」の場に集いましょう。

 

日 時   6月30日(土) 11:30〜 (受付開始10:45)

会 場   如水会館

会 費   6,000円

イベント 

・講 演 児玉光史氏(95期…地元カンパニー社長)

     ・コカリナ演奏  黒坂黒太郎氏(66期)夫妻

************************************************************

 


posted by uedakant at 07:19| Comment(0) | 各種

2018年06月21日

文藝春秋「同級生交歓」に登場の上田高校同窓生

文藝春秋「同級生交歓」に登場の上田高校同窓生.docx

文藝春秋「同級生交歓」に登場の上田高校同窓生

 

赤池 三男(58)様より寄せられました。    

*添付ワードも同文です。 白井 透(60-4

 

********************************************************************

 

久しぶりに文藝春秋「同級生交歓」欄に上田高校(76期)が出た。

当欄は同社では、写真部が担当している。毎回3欄だが、掲載され

るのは容易なことではない。掲載予備が自薦・他薦向こう50年分は

在ると聞いたことがある。

この欄に掲載されれば、学校は一流、人物は日本を代表する人

と認知されるから、登場の学校も人物も名誉だ。

 

1 古くは、昭和649月号に515人の皆さん

   池田義男(東京慈恵医科大学第三内科助教授) 

   鎌野秀嗣(稲城市立病院脳神経外科医長) 

   上原隆雄(キューピー専務)  

   中島 宏(共同通信社編集委員室次長、論説委員)  北京特派員

   丸山瑛一(日立製作所基礎研究所長)          ノーベル賞候補

 

2 何と! 2か月後の昭和6411月号に524人の皆さん

   石合正和(三和銀行常務取締役) 

瀧澤利明JR東京総合病院脳神経外科部長)      レーザーメスを発明

田村孔一(日本総合建築事務所取締役) 

  浩一(毎日新聞社取締役東京本社編集局長)  東京上田会前会長

 

3 直近では、平成812月号は47期の皆さん

   西澤祥平NHKチーフアナウンサー)

   金子 弘(東京大学名誉教授)

   小山邦明(信州味噌社長)

  その他数名いましたが、確かな記憶は3人。 (手元に文藝春秋が無い。

掲載者にお貸しし、不返のまま)

 

4 掲載当時、文藝春秋社写真部長は、石井正彦さん(52期)デス。

  流石、名だたる上田高校。

 

5 今回と1の高校名が「長野県上田高校」となっています。

 

1&2を高校に寄贈しようと思っていた矢先でした。

                           平成30年6月19日

                              赤池 三男(58)

 

********************************************************************

 

         /30 関東同窓会 総会・懇親会

 

クラス、世代、卒業期を超える「300人超の同窓生交歓」の場で

お会いいたしましょう。

 

日 時   6月30日(土) 11:30〜 (受付開始10:45)

会 場   如水会館

会 費   6,000円

イベント  ・講 演  児玉光史氏(95期…地元カンパニー社長)

        ・コカリナ演奏  黒坂黒太郎氏(66期)夫妻

 


posted by uedakant at 14:21| Comment(0) | 各種

2018年06月20日

RE: 文芸春秋「同級生交歓」に登場者よりのメッセージ

−文芸春秋7月号の『同級生交歓』− に登場 の一人

宮川 正様(76期)よりの同記事掲載に至る経緯についての

メッセージを転送いたします。

白井 透(60-4

 

From: 正、睦 <mv5t-mygw@asahi-net.or.jp>
Sent: Sunday, June 17, 2018 10:18 PM
Subject: Fwd:
「文芸春秋7月号の「同級生交歓」に上田高校76期卒業生4名が登場

 

文芸春秋7月号の「同級生交歓」の配信記事を、

防衛省の先輩でもある北原巖男様(64期)から転送頂きました。

「 宮川さん、 おめでとうございます! たいしたもんです!

母校上田高校の誇りです! とても嬉しいです!

メールを転送いたします。

ごらんのように皆さん、大変喜ばれています! 名誉です!

是非、宮川さんから皆さんにメッセージをお送りしてください! 」

 

今回は知り合いを通じ、何か母校に恩返しができないかとの思いで相談したところ、

地方の有名校、卒業後の活動分野が多様な事が功を奏し、編集者側との短期間の

調整で掲載してもらう運びとなりました。 

少しでも母校のため、後輩のためになれば幸いです。

 

本件記事を配信先の同窓生のみなさまにもお伝え願えれば、嬉しいかぎりです。

 

宮川拝

 

 

From: 白井 <shirai_toru@hotmail.com>
Sent: Saturday, June 16, 2018 10:05 PM
Subject:
「文芸春秋7月号の「同級生交歓」に上田高校76期卒業生4名が登場

 

上田高校76期卒業生4名が

文芸春秋7月号の『同級生交歓』に登場

 

(添付写真ご参照)

 

 4人のサムライは次の4氏ですが、「古城の門」をバックに

微笑む4人のお顔がとても印象的です。

 

花園病院理事長                  横関 仁氏

ウィンド・パワーエナジー代表取締役   金井一正氏

前防衛省情報本部長               宮川 正氏

俳優                             西澤仁太氏

 

沓掛 忠様(61期)から聞かれた滝澤 進様(同)より

寄せられました。  Sent: Monday, June 11, 2018 11:54 AM

                  

 また、堀内忠久様(53期)よりも寄せられました。
Sent: Saturday, June 9, 2018 12:25 PM

 

今日(6/9)発売の文春秋7月号の同級生交歓に76期?生

が載っています。

母校が載るのは何年ぶりでしょうか・・・。

                            

*既にご存じの方にはご容赦下さい。 白井 透(60-4

                                                            

 

posted by uedakant at 13:59| Comment(0) | 各種

2018年06月16日

「文芸春秋7月号の「同級生交歓」に上田高校76期卒業生4名が登場

 

 

From: 白井 <shirai_toru@hotmail.com>
Sent: Saturday, June 16, 2018 10:05 PM
To:
白井 <shirai_toru@hotmail.com>
Subject:
「文芸春秋7月号の「同級生交歓」に上田高校76期卒業生4名が登場

 

上田高校76期卒業生4名が

文芸春秋7月号の『同級生交歓』に登場

 

(添付写真ご参照)

 

 4人のサムライは次の4氏ですが、「古城の門」をバックに

微笑む4人のお顔がとても印象的です。

 

花園病院理事長                  横関 仁氏

ウィンド・パワーエナジー代表取締役   金井一正氏

前防衛省情報本部長               宮川 正氏

俳優                             西澤仁太氏

 

沓掛 忠様(61期)から聞かれた滝澤 進様(同)より

寄せられました。  Sent: Monday, June 11, 2018 11:54 AM

                  

 また、堀内忠久様(53期)よりも寄せられました。
Sent: Saturday, June 9, 2018 12:25 PM

 

今日(6/9)発売の文春秋7月号の同級生交歓に76期?生

が載っています。

母校が載るのは何年ぶりでしょうか・・・。

                            

*既にご存じの方にはご容赦下さい。 白井 透(60-4

                                                            

 


posted by uedakant at 22:26| Comment(0) | 各種

2018年06月15日

6/17(日 )「第43回上田高校吹奏楽団定期演奏会」 のお知らせ

「第43回上田高校吹奏楽団定期演奏会」 のお知らせ

 

上田高校吹奏楽団

        「松奏会」OBOG会)

17日  13:30時より  (開場13:00)

会 場   上田市サントミューゼ         (入場無料)

 

例年会場に入りきれないほどの参加者で、ロビーの映像で楽しむ程の盛況です。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

吹奏楽団OBOGの「松奏会」はこの演奏会の後上田高砂殿で年次総会を行います。

老・壮・青の卒業生のにぎやかな懇親会が待っております。

 

詳しくは、下記のHPならびに案内チラシでご覧いただけたら幸いです。

HP 上田高校吹奏楽団

HP松奏会

 

https://pbs.twimg.com/media/DeBBxKsV4AA9YKp.jpg

                     

 

-->
posted by uedakant at 12:41| Comment(0) | 各種

2018年06月12日

6/14日 同窓生プロデユースのTV番組「カンブリア宮殿」 

思わず住みたくなる!

新発想の"終の住み家" 

 

6月14()  テレビ東京 夜10:001:4

・シルバーウッド 社長  下河原 忠道(しもがわら ただみち)

  http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2018/0614/images/main.jpg

 入居率98%、見学したら住みたくなると圧倒的支持を受けている

サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」。

これまでの高齢者住宅のイメージを覆し、なぜか近所の子供たちが

集まり、認知症にも徹底対応する。

鉄鋼会社の跡継ぎという異端児が手掛ける高齢者向け住宅の新しい形。

プロデューサーの福田礼子様(72期)より寄せられました。

From: ALIVE 古市 <hare@zephyr.dti.ne.jp>
Sent: Monday, June 11, 2018 7:09 AM
Subject:
 614 よる10時〜放送のテレビ東京 「カンブリア宮殿」のプロデュース

 

一人とか二人暮らしが多い時代、

最晩年の過ごし方について考えました。

614()10時〜放送の「カンブリア宮殿」を制作しました。

80歳代になると、多かれ少なかれ誰もが認知症を持っているそうですが、

予防をベースに日々暮らし、認知症にも看取りにもちゃんと向き合う

サービス付き高齢者向け住宅です。

ちょっと刺激的ですが・・・ご覧いただければ幸いです。

72期 福田礼子

 

-->
posted by uedakant at 18:28| Comment(0) | 各種

2018年06月09日

ベネッセ教育総合研究所が発行する雑誌にてスーパーグロバルハイスクール(SGH)活動を中心に据えた上田高校の教育方針を紹介

ベネッセ教育総合研究所が発行する雑誌「VIEW21」高校版2018年度4月号の特集の記事にて スーパーグロバルハイスクール(SGH)活動を中心に据えた上田高校の教育方針を紹介しています。 同社のホームページ (https://berd.benesse.jp/magazine/kou/booklet/?id=5275 ) に掲載されてますのでご覧ください。 その中で「事例2」が上田高校編(下記URL)です。 https://berd.benesse.jp/up_images/magazine/VIEW21_kou_2018_04_jissenjirei_021.pdf をお読みください。尚、本情報は笠井徳爾顧問(61期)から寄せられたものです。
posted by uedakant at 16:53| Comment(0) | 投稿